*

単調でつまらない仕事

公開日: : こころの窓 , ,


 私たちはたいてい、何らかの必要に迫られて特定の仕事につくことを余儀なくされている。そうした単調でつまらない仕事に喜びを見出すのは、実にむずかしいことだ。

 無味乾燥でつらい日々の労働は、人生は楽しく、歓喜に満ちたものという理念とはまったくかけ離れたものに思える。

 私たちは蜂とちがって、人生という苦い味の花から、蜜を集めることができないのだ。たいていの人にとって、労働は忌むべきものでしかない。

 だが蜂は季節になると、野に咲くどんな花からも—毒がある花からさえも—甘い蜜を見つけてくる。

woman04 何でも望みどおりになる人生などない。生きていれば必ず、他人の責務を押しつけられることもあるだろう。だが不平をこぼしてはいけない。

 やるべき仕事があり、あなたができるのであれば、本来誰の仕事かなど気にせず自分で片づけよう。他人がやり残した仕事を完成させ、足りないところを補ったり難局を解決したりできる人は、愚痴ばかりこぼす人の何倍もの価値がある

 私たちは何よりも、働くべしという天命に従い、それによって生活の糧だけでなく喜びをも得るために仕事をしているのだ。働いて初めて、私たちは心から満たされることができる。

オリソン・S・マーデン


関連記事

agariime

心の技法

          &nbs

記事を読む

agariime

こころの窓

  心の中でくり返しめぐらされる思いは、 たとえ良いものでも、悪いものでも

記事を読む

no image

言葉には創化力がある

  自分が口にする言葉に現実を変える力があると思う人は少ない。だが言葉とは、絶えず私たち

記事を読む

agariime

世界はすでにあなたのもの

 なぜ私たちは、躍起になってこの広い世界のほんの一片の土地、ほんのわずかな財産を自分のものに

記事を読む

agariime

うまく話そうなどと思ってはいけません

     うまく話そうなどと思ってはいけません。  話し手に味があれば、どん

記事を読む

agariime

あなたの自由を妨げるもの

 この世には、陽気な人、暖かい日差しを運んでくれる人、醜いものや歪んだものから目を背け、世界

記事を読む

agariime

あるがままの自分を受け入れる

   「真面目であらねばならない」と強く思っている人は、自分のなかの不真面目

記事を読む

agariime

親との関係

   自分が過剰に人に尽くしちゃうのはどうしてだろうかと言えば、 親との関

記事を読む

no image

今日という日を生きる

 将来を見越して生きることに慣れきってしまった私たちの目は、まるで近くではなく、遠くにしか焦

記事を読む

no image

幸せのしずく

  幸せになる最大の秘訣は、人生の一瞬一瞬を楽しむことにある。毎日が本当の意味で「休日」とな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  •    
    PAGE TOP ↑