*

今日という日を生きる

公開日: : 最終更新日:2014/07/03 こころの窓 ,


 将来を見越して生きることに慣れきってしまった私たちの目は、まるで近くではなく、遠くにしか焦点を結べなくなっているようだ。

 私たちは、明日のために生きているせいで、今この瞬間を楽しむ力を奪われている。そして、明日がくれば今度はそのまた明日があるのだ!

 私たちはまるで、虹に手が届けばどんなにうれしいだろうと、どこまでも追いかけていく子どものようなものだ。

 人生最高の時はまだ先にあると思いこみ、いつか必ず、夢見た未来に出会えるはずだと信じている。そしてその理想の人生を待ちながら、誰もが空中楼閣を築くことにいたずらに時間を費やしているのだ。



 その一方で、過去に生きている人も多い。彼らは、かつて自分に与えられていた無限の可能性や、取りにがしてしまった絶好のチャンスを思いかえしながら暮らしている。

 私たちはいつも、もう手遅れというときになって初めて、自分がどんなに恵まれていたか、どれほど可能性に満ちていたかに気づき、過去を悔やむものだ。

 つかみそこなったチャンスほど途方もなく貴重に思え、時計の針を戻せたならああしたのに、こうしたのにと心が乱される。

オリソン・S・マーデン


関連記事

agariime

単調でつまらない仕事

 私たちはたいてい、何らかの必要に迫られて特定の仕事につくことを余儀なくされている。そうした

記事を読む

no image

言葉には創化力がある

  自分が口にする言葉に現実を変える力があると思う人は少ない。だが言葉とは、絶えず私たち

記事を読む

agariime

こころの窓

  心の中でくり返しめぐらされる思いは、 たとえ良いものでも、悪いものでも

記事を読む

agariime

自分自身にブレーキをかけていませんか?

 二流の雑誌にものを書いていたアダムスは、どうしても一流雑誌に割り込むことが出来ないのでした

記事を読む

agariime

親との関係

   自分が過剰に人に尽くしちゃうのはどうしてだろうかと言えば、 親との関

記事を読む

agariime

心の技法

          &nbs

記事を読む

agariime

うまく話そうなどと思ってはいけません

     うまく話そうなどと思ってはいけません。  話し手に味があれば、どん

記事を読む

agariime

あるがままの自分を受け入れる

   「真面目であらねばならない」と強く思っている人は、自分のなかの不真面目

記事を読む

agariime

重い荷物を下ろしましょう

   自分の背負っている重い荷物を下ろしましょう。  それまでの人生で、辛

記事を読む

agariime

世界はすでにあなたのもの

 なぜ私たちは、躍起になってこの広い世界のほんの一片の土地、ほんのわずかな財産を自分のものに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  •    
    PAGE TOP ↑