*

言葉には創化力がある


072
  自分が口にする言葉に現実を変える力があると思う人は少ない。だが言葉とは、絶えず私たちの体に影響し、顔や表情をかたちづくり、目指す方向へと私たちを導いてくれるものなのだ。

 私はこうだ、私はこうすると固い決意を持って自分自身に言い聞かせ、その思いを実現するため根気強く努力すれば、人は途方もなく大きな力を発揮できる。

 ただし効果をあげるには、自分が言ったことを信じなければならない。いくら「私は健康だ、私は裕福だ」と口にしても、それを信じていなければ何の成果も得られないだろう。


 言葉を実際に口に出すことによって、同じ言葉を心の中でつぶやいているだけでは得られない力を手にすることができる。声に出すことで、私たちの内面に眠っているエネルギーが呼びさまされるのだ。

 文字を目で追うより、同じ内容を耳から聞いたときのほうが深い感銘を受けるように、声に出された言葉は私たちの心により強い印象を残す。

 口に出された言葉・・・とくに心の底から真剣に放たれた言葉・・・には、新鮮さやある種の迫力がある。

 固い信念を持って心底から自分自身に語りかければ、単に心の中で決意するより、思いが実現する」可能性はずっと高くなるだろう。

オリソン・S・マーデン

 あがり症の人は、来るべき場に対して、特に不安と否定的な思いが強くあります。これがいっそうあがり症を治りにくくさせています。まず、第一歩として、断固「私はあがりながらでも話せる」と強い決意を言葉に出しましょう。


関連記事

agariime

親との関係

   自分が過剰に人に尽くしちゃうのはどうしてだろうかと言えば、 親との関

記事を読む

agariime

あなたの自由を妨げるもの

 この世には、陽気な人、暖かい日差しを運んでくれる人、醜いものや歪んだものから目を背け、世界

記事を読む

agariime

単調でつまらない仕事

 私たちはたいてい、何らかの必要に迫られて特定の仕事につくことを余儀なくされている。そうした

記事を読む

agariime

あるがままの自分を受け入れる

   「真面目であらねばならない」と強く思っている人は、自分のなかの不真面目

記事を読む

agariime

心の技法

          &nbs

記事を読む

no image

幸せをはばむ二つの敵

  恐れと不安ほど幸せを大きく阻むものはない。このふたつの敵は、いついかなるときも災いのもと

記事を読む

agariime

重い荷物を下ろしましょう

   自分の背負っている重い荷物を下ろしましょう。  それまでの人生で、辛

記事を読む

agariime

こころの窓

  心の中でくり返しめぐらされる思いは、 たとえ良いものでも、悪いものでも

記事を読む

agariime

うまく話そうなどと思ってはいけません

     うまく話そうなどと思ってはいけません。  話し手に味があれば、どん

記事を読む

agariime

自分自身にブレーキをかけていませんか?

 二流の雑誌にものを書いていたアダムスは、どうしても一流雑誌に割り込むことが出来ないのでした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  •    
    PAGE TOP ↑