*

練習方法を確立する


 
hakase
 自分であがり症を治そうと思えばできるんです。それには人前で話す不安を軽くしていくことが大切です。

 たとえ、実際に人前で話す経験が乏しくても、しっかり話す力さえつけておけば、いざという時、緊張はしますけど、パニックに陥ってしどろもどろになったり、途中で言葉が出なくなることはありません。

 話す力が出てきてないうちは、人前に立つだけで不安になります。この不安が緊張を呼び、あがりという症状を引き起こします。

 話す力をつけるためには、まず話すかたちをしっかり身につけることが大切です。

 話し方の練習とは、「話のはじめ方」「話のまとめ方」「話の終わらせ方」の三つです。この基本のかたちを身につけることが話し方の練習です。

 人前で話すかたちを眼で捉えるといいますか、自分のものにいているかどうかが、不安を軽くするポイントです。

 人前で話す練習をばくぜんとではなく、しっかりとした基本にのっとって行えば、話す力が自然とついてきます。

 「一週間で人前で話せるようになるレシピ」に話し方の基本が収めてあります。

 

次は 自分をコントロールするもの
アドバイスTOPへ戻る



公開日:

  •    
    PAGE TOP ↑