*

おのれをコントロールするもの


hakase 私たちは自分でこうありたいと願っても思うようにいかないので悩み苦しみます。

 あがり症もそうですね。本当はあがらないで落ちついて話たいと強く願っているにもかかわらず、その場になると自分の思うようにはいかないのが現実です。

 これは自分をコントロールしているのは、自分の心、意識とは別のところにあることを示していますね。そうです。自分をコントロールしているのは、表の心、意識ではなく潜在意識です。

 ただ過去に人前での話に失敗したから、その失敗が潜在意識に印象されてあがり症になったのだというわけでもありません。同じような失敗は誰でもします。でも失敗したからだれでもあがり症になるかというとそうではありませんね。



sen12bs 自分をコントロールしているのは、失敗した経験ではないんです。失敗したときに自分が起こした感情なのです。その時の自分のつらくて惨めな感情が強く心に残り、潜在意識に印象づけされているのです。

 この負の感情こそ自分をいつまでもコントロールしている正体なのです。そうです、自分がいつまでもその時の感情をつかんでいるのがいけないのです。

 負の感情を放出させる・・・これが自分を解放するということです。つらいから思い出さないように心にフタをする、これは間違いです。逆です。なるべく思い出し、人に話し、文章に書くなどして感情を薄めていくのが、過去の失敗に振り回されなくなる正しい方法です。
 

次は 小さな目標を立てることで・・
アドバイスTOPへ戻る



公開日:
最終更新日:2014/09/18

  •    
    PAGE TOP ↑