*

人前で話すということ


09 
 人前で話すということと、会議とかコミュニケーションといった一般的な話し方とをはっきりと区別しないで、曖昧に考えているところに問題があります。

 人前での話し方を漠然ととらえているから、いざ人前で話すとなったら不安となってあがるんじゃないかとばかり考えるようになります。

 あがり症は不安と緊張からきますから、まず不安を軽減させることが第一です。それにははっきりと人前で話すという基本を身につけておく必要があります。それがあがり症克服にとって極めて大切です。

 人前で話すには話すための一定のルールがあります。それは、「どう話し始めて、どうまとめて、どう終わらすか」という基本をしっかり把握しておくことです。

 これがないと、途中でどう話をまとめていいかわからなくなり、それが一気に不安を増大させあがりへと向かっていきますし、どう終わらせるかがわからないと、同じことになりダラダラと話し続けることになります。

常に人前で話しをしている人にとっては話し方の基本も型も要りません。自由自在にまとめていけばいいのですが、人前で話すことに慣れない人にとっては、このなんでもないような話し方の基本を身につけておけば、話すことへの不安解消の大きな力になります。

  自分でできるあがり症改善カリキュラム
 
 

次は コミュニケーションが苦手
話し方TOPへ戻る



公開日:
最終更新日:2014/09/17

  •    
    PAGE TOP ↑