*

あがり症克服の暗示


agrimodelk ある若い女性の声楽の学生がおりました。彼女はすばらしい声を持っておりましたので何度もオーデションに呼ばれたことはあったのですが、そのたびに舞台負けを起して失敗ばかりしておりました。

 彼女は恐れていたのです。心理学的にいうと「恐怖」は潜在意識に対する命令であって、潜在意識はその恐怖を実際に表現することにとりかかり、あなたを失敗させるのです。

 その前のオーデションでは、音符をまちがえて歌ってしまい、崩れ落ちて泣き出すという醜態を演じてしまいました。彼女がこのようなステージ・フライトを克服したのは、次のような方法によるものでした。
sun
 彼女は一日三回、部屋に一人きりになりました。アームチェアに気持よく腰かけ、体をくつろがせ、目を閉じました。

 彼女は心も体もできるだけ静かにしました。体を動かさないと心も受動的になって、心を暗示によりかかりやすくするのです。

 彼女は「私は美しく歌います。私は落ち着いていて、平静で自信があって安らかです」と言い聞かせたのです。そして自分が美しく歌うところを目に見るようにしました。彼女はこうして恐怖の暗示を反対の暗示でうち消しました。

 彼女は毎日、五分ないし十分間、この言葉をゆっくりと、静かに、感情をこめて繰り返しました。彼女は毎日三回、このような「静座」をやり、また夜、眠る直前にも一回やりました。

 一週間たつと、彼女は完全に落ち着いて自信を持ち、断然、群を抜いたオーデションを見せました。これが恐怖を克服した具体的な例です。

『マーフィー100の成功法則』 大島淳一著より

次は 試験の緊張への対処



公開日:
最終更新日:2014/06/05

  •    
    PAGE TOP ↑