*

あがり症を自分で治すには


 
agrimodelk  自分一人であがり症を治すのはむずかしいのでは?とず~と思っていましたが、そうでもないんですね。

 ある男性の方が、2週間後に会社での式典の司会進行係を任されたが、あがり症の自分はできないと断ったが結局やらざるを得なくなった。と相談に来られました。

 そこで、司会進行の基本的なレシピを渡して、イメージトレーニングをするようにお話しました。

 こういう場合、出来ることは、実際の場面をイメージして練習を繰り返す以外方法はないんです。

 この人は、それこそ一生懸命になって、繰り返し繰り返し会場をイメージし、紹介する人の名前や肩書きなど練習しているうちに、進行の流れや紹介する内容などすっかり覚えてしまったんですね。そしたら式典が近づくにつれ、何となく出来そうな気がしてきて、早く終わらせたい、早く来ないかなという心境になったそうです。

 当日、やはりすごい緊張で、初めは声も震えたそうですが、次第に落ち着いてきて無事終わることができたそうです。

 それどころか、同僚の一人に、「おまえ、何かイベントの司会でもやっていたのか?」と聞かれたくらいです。

 これでわかりますように、決して話し方教室やセミナーに参加しなくても、自分一人であがり症から抜け出す道はあるのです。

 それは、自分が話さなければならない場面に応じた、適切な練習に鍵があります。

 「一週間で人前で話せるようになるレシピ」ここに練習の方法が載せてあります。

 

次は あがり症を治す方程式



公開日:
最終更新日:2014/12/09

  •    
    PAGE TOP ↑